それでも可愛い!

我が家の長男!そして両親の成長を綴りたい! ときどき、愚痴も!
月別アーカイブ  [ 2008年10月 ] 

--♡--♡-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2008♡10♡30 Thu
12:37

進級相談!

28日にたっとくんの進級相談をしてきました。

と、言うのも我が家のたっとくん、入園の際に
発達障害(主に言語)で、同じ年の子よりほぼ1年遅れてるので、
年少クラスではなく、未満児クラスからの入園となってました。

その時に、10月くらいで進級に付いて考えましょう!
と言う事になってましたので、
運動会と遠足が終わり、ひと段落したので奥さんが、
園のほう(担任の先生に)に問い合わせたのです。

その際、副園長さん(この人が曲者)が、
年少さんに上がって、来年の10月くらいで考えましょう!
と言われてました。と担任の先生から報告があったそうです。

担任の先生も初耳だったらしく、相談も話し合いも無く
副園長の独断のようでした。

そこで、夫婦で話し合って、
きちんとした場を作る。
その前に、園長にも問いかけてみる。
(これは、奥さんがですが!)

副園長は、統合教育を対面的には、受け入れてますが
気持ち的には、受け入れてないようで
自閉症を理解しようという姿勢が全く伺えてないのです!

まあ、28日に話をして
たっとくんの主だった症状というか特徴をしっかり説明しました。
聴覚情報より、視覚による情報が理解しやすい!
環境の変化の対応に時間が多くかかる!
言語発言が、気持ちを適切な言葉で言えない!
健常児のように、変化を楽しむ事より、不安に思う事のほうが多い!

だから、いきなり状況を変えるのではなく、
時間を掛けて、序〃に慣らして欲しい
タイミング的にも、今同地区の同じ年の子と仲良くしているので、
(その子は健常児で年少さんです)
年少クラスと交流させて欲しい!
仲のいい子がいれば、そこから友達の輪がひろがるんでは?

そうすれば、4月から年中さんになっても、
たっとくんの不安感や、ストレスが少しでも少なく、
無理なく年中さんに溶け込めるんではないでしょうか?

と、力説してきました。
園長さんは納得してもらえたようでしたが、副園長は納得はしたが、
渋々という感じでした。

たっとくんに直接かかわっている、担任と主任先生(副担任)は
たっとくんの症状を把握できているようで、
こちらの意見をよく理解され、対応についても賛成されていました。

とりあえず、交流させてみましょう!と言う事になって
その際には、事前にいつなのかを、親にも知らせて欲しい!
たっとくんに、事前に教えておくから!

今、たっとくん時計やカレンダーに興味があり、時間や日を
覚える事に夢中なので、納得しやすいんです。

後は、状況を見て4月から年中さんになるか、年少さんにするか
また、話し合いの場をつくりましょう!と言う事になりました。

その夜、奥さんと相談し、
副園長は、きっと変わらないだろう!
本人を変えることに時間を割くよりも、周りを変えていくようにしよう!
担任や主任さん園長に理解と方針を持ちかけ
自閉に対する、認識を深めてもらえるようにしていこう!

幸いな事に、療育施設の先生が園と協力できますと言ってくれてますし
(園からの要望があれば!)
担任や主任さんと交流をもつ場を造れるようにしてみよう!
と、方針をきめました。

園には、たっとくんのほかにもう一人自閉っ子がいたのですが、
夏休みを境に、療育通園に変わってしまいました。
いろんな事情があったと思うのですが、
園の対応、園での様子が伺えない事が多かったのではないんだろうか?
と思います。
実際、副園長との会話から対応の悪さが、垣間見える事が多いです!

たっとくんの為にも、努力しなくちゃ!です。


スポンサーサイト
*
幼稚園 ○ Trackback:- ● Comment:7

プロフィール

たっとぱぱ

Author:たっとぱぱ
たっと君6歳の父親!
たっと君!3歳で広汎性発達障害と診断を受けました!
でも、たっと君に今の育て方が合っているのか、症状が軽いと言われてました。(お医者さんなりのフォローなのかも)
これから、たっと君の成長過程を綴って行きたいとおもってます。

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。